プロミスの審査は他社と比べて厳しい?

 プロミス審査厳しいと考えている方は意外に多いんでしょうか。しかし、突出して厳しいということはないと思います。他と比較して借り易いかどうかまでは分かりませんが、安定した収入があればアルバイトや派遣、年金受給者でも借りられますから、申し込み易いと考えてもいいかもしれません。プロミス審査厳しいというか、どこでも融資の時の審査は一定の厳しさを持っているものだと思います。特にグレーゾーン金利廃止となってからは一段と厳しくなったような気がします。

 もちろん、グレーゾーン金利廃止に文句があるわけではありません。高金利で借りていた人は返済が大変だったでしょう。しかし、反面、審査のラインは今よりも低かったと思います。グレーゾーン金利が廃止され、低金利でしか貸し付けられなくなった為に、貸し倒れを恐れた金融機関は返済の安全性を重視し始めました。その為に、かつては借りられたラインにいた人が、グレーゾーン金利廃止後は借りられなくなったということになったわけです。安全を求める金融機関の気持ちも当然ですし、貸してもらえなくなった人が危ないところから借りるというのも不思議ではないのかもしれません。生活費の為に借りている人が多いですし。

プロミスの審査厳しさについては、これはどこでもこんなものかなという気がしないでもありません。特に今は総量規制という制度もあり、年収の1/3までしか借りられなくなっているので融資を受ける方は色々と大変かもしれません。ちなみに、かつてに比べるとプロミス審査厳しいというのもうなずけると思います。かつてというのはグレーゾーン金利があった頃で、この頃は今よりも審査は緩かったように思います。

 ちなみに、プロミスでは20〜69歳までの安定した収入がある人なら誰でも借りられます。重視するのは収入が安定しているということです。その為、少しくらい年収が低くても安定して収入がある、つまり返済が期待出来る人は合格し易いと思いますし、逆に年収が高くても収入が安定しないという人は審査が厳しくなるのかもしれません。

また、プロミスということではなく、金融機関全般に言えることですが、雇用形態はもちろんのこと、勤続年数なども重視されます。一般的には3年以上と考えられていますが、金融機関によっては1年以上でも大丈夫というところもあります。プロミスでは申し込み条件に勤続年数は表記されていないと思いますが、審査の合否に影響はあるのかもしれません。

 

プロミスでお金を借りるのはヤバい?

収入証明なしにお金を借りることはできますが、ぜんぜん審査を受けずに借りるのはまず無理です。

普通の会社なら、担保や本人要件を審査した後に、信用に基づいた融資をしています。

いくら貸金業の免許があったとしても、無審査で現金を融資するような会社は法定金利を超えていたり、違法な行為を要求してくることを疑ってかかったほうが良いでしょう。

審査が心配なら違法ではなく、比較的審査の甘いところに申し込むべきです。

楽天カードローンは新しいので利用者獲得のために審査がゆるめだと言われています。

新しくても名前が知れた会社ですし、試してみてはいかがでしょうか。

最近では、女性もキャッシングを利用することが増えているようです。

そのため、女性でも利用しやすいサービスに力を入れている会社が増えてきました。

レディースキャッシングの特徴としては、電話オペレーターや対応スタッフが女性だけのところや、サービス自体が女性利用者専用だったりします。

審査が甘かったり低金利といった特典があるわけではないので、理解しておいてください。

とはいえ、同じ女性であれば話しやすいこともありますし、連絡がある時も女性の名前なので、同居する家族などにキャッシングしていることを知られにくいという点も、レディースキャッシングを利用する利点だと言えます。

お金を借り入れる際には書類や口座などさまざまなものが必要と思われていますが、考えているほど多くありません。

審査は金融業者によって異なりますが、一般的には顔写真つきの免許証、パスポートなどがあればOKです。

顔写真つきの証明書がない場合でも、保険証と公共料金の領収書などで済む場合があります。

このように手軽にできる借金ですが、それが有意義につかえるか、無意味に終わるかは、お金を手にする前の心がけ次第とも言えます。

収入と支出について一番よく理解しているのは自分自身です。

「これなら大丈夫」と思うような範囲内に借入も返済も抑えることが重要になります。

プロミスのキャッシングを利用して生活費に充てる時は、必要な分だけをキャッシングするようにして、返済額が苦しいような額にしないようにしなければ、返済に悩むことも他人事ではなくなります。

参考:プロミス借りたらヤバい?お金借りるには【借りた私の口コミ】

生活費と言えども、その小さな繰り返しが気づけば高額になっていた、なんてことも少なくはないので、簡単な気持ちや見通しでキャッシングをするのではなく注意するべきです。

大切なのは、キャッシングに頼る前には必ず、計画的に返済方法を考えてから、利用するようにしましょう。

キャッシングは、消費者金融などの貸金業者より金額的には数百万などの大金ではなく、少ないお金を貸し付けしてもらうという意味を持っているのです。

借金を貸金業者に依頼しようと思ったときには債務者の責任を一緒に負う保証人や価値のある担保が要ります。

しかし、貸金業者からのプロミスのキャッシングというケースなら、他の人に迷惑をかけるような保証人・担保の準備などは無しで複雑な事柄を省いてスピーディーに申し込みが可能です。

きちんと本人による申し込みだと分かる証拠を提出したら、現金を手にすることが出来てしまうものなのです。

複数社を利用する場合、何社までなら利用しても大丈夫という明確なラインがカードローン業界に存在するということはありません。

ですが、多くても三社程度にするのがよいでしょう。

それを超えた利用の場合、申し込む時点での返済状態などに関係なしに、落とされてしまう可能性が高くなります。

複数の会社から借りている場合、新たな借入を行って、これまでに作った借金の返済をすることも多いにあり得るからです。

現金融資はカードを使って行うのが多数派ですが、このごろ、カードを持っていなくても、プロミスのキャッシングが使用可能です。

ネットによりキャッシングの利用申込をすると、銀行の口座に振込みしてくれるのです。

カードをなくす心配がありませんし、速やかにキャッシングが可能でしょう。

現金が必要な時にとても便利なキャッシングですが、誰でも無条件でキャッシングでお金を借りられるわけではありません。

まず、審査にパスしなければなりませんが、場合によっては落ちてしまうケースも珍しくありません。

一般的に、よく言われる審査落ちの原因としては、収入と比較すると希望借入額が高すぎるケースや他のキャッシングやローンを延滞した経験があるケースが挙げられます。

特に、滞納情報は信用情報機関に金融事故として5年は残されてしまいますので、身に覚えのある方は情報が消えるまで、ある程度の期間は審査に落ちてしまう可能性が高いでしょう。

何を重視しカードローンを選ぶかは個人差があります。

恐らく必ず心配になるのは金利でしょうが、借りるときと返すときに近くのコンビニATMでの手数料はいくらかや、返済日には支払いが出来るよう給料日の後に調整するなど実用性に優れているだとか使い勝手を優先したりと選び方は様々です。

金利だけに気がいって、自分には使いづらいカードローンだと悔やまないためにも注意してください。

キャッシングは便利なサービスですが、使いやすいサービスを選ばなければ利便性も半減してしまいます。

そのためにも、契約前に各サービスのメリットとデメリットをしっかり理解し、ご自身にとって一番便利なサービスを探しましょう。

金利はもちろんのこと、新規契約限定の無利息ローンが使えるのか、あるいはその期間や、申込手続きが面倒でないか、といったことも注目したいポイントです。

契約後のことを想像し、借入返済がもっともしやすいATMがあるサービスを選ぶのも良いでしょう。

見落としがちな項目ですが、とても大切なことです。