プロミスの審査は他社と比べて厳しい?甘い?

プロミス審査厳しいと考えている方は意外に多いんでしょうか。

しかし、突出して厳しいということはないと思います。

他と比較して借り易いかどうかまでは分かりませんが、安定した収入があればアルバイトや派遣、年金受給者でも借りられますから、申し込み易いと考えてもいいかもしれません。

プロミス審査厳しいというか、どこでも融資の時の審査は一定の厳しさを持っているものだと思います。

特にグレーゾーン金利廃止となってからは一段と厳しくなったような気がします。

もちろん、グレーゾーン金利廃止に文句があるわけではありません。

高金利で借りていた人は返済が大変だったでしょう。

しかし、反面、審査のラインは今よりも低かったと思います。

グレーゾーン金利が廃止され、低金利でしか貸し付けられなくなった為に、貸し倒れを恐れた金融機関は返済の安全性を重視し始めました。

その為に、かつては借りられたラインにいた人が、グレーゾーン金利廃止後は借りられなくなったということになったわけです。

安全を求める金融機関の気持ちも当然ですし、貸してもらえなくなった人が危ないところから借りるというのも不思議ではないのかもしれません。

生活費の為に借りている人が多いですし。

プロミスの審査厳しさについては、これはどこでもこんなものかなという気がしないでもありません。

特に今は総量規制という制度もあり、年収の1/3までしか借りられなくなっているので融資を受ける方は色々と大変かもしれません。

ちなみに、かつてに比べるとプロミス審査厳しいというのもうなずけると思います。

かつてというのはグレーゾーン金利があった頃で、この頃は今よりも審査は緩かったように思います。

ちなみに、プロミスでは20〜69歳までの安定した収入がある人なら誰でも借りられます。

重視するのは収入が安定しているということです。

その為、少しくらい年収が低くても安定して収入がある、つまり返済が期待出来る人は合格し易いと思いますし、逆に年収が高くても収入が安定しないという人は審査が厳しくなるのかもしれません。

また、プロミスということではなく、金融機関全般に言えることですが、雇用形態はもちろんのこと、勤続年数なども重視されます。

一般的には3年以上と考えられていますが、金融機関によっては1年以上でも大丈夫というところもあります。

プロミスでは申し込み条件に勤続年数は表記されていないと思いますが、審査の合否に影響はあるのかもしれません。

プロミスでのお金の借り方とリスク

突然出費が重なり今月は少しまとまった現金が早急に必要な事態となり、必要額をキャッシングをして凌ぎたいと考えた場合、どこの銀行・クレジットカード会社などのキャッシングが良いか長々と迷ってしまう事もあると思います。

そういった場合は、まず冷静に判断し、インターネットからカード会社の書き込み情報や口コミサイトを見てカードを実際に利用して借り入れした人の評価が良いところを探して選ぶのも一つの賢い方法です。

お金が足りない時には、プロミスのキャッシングがとても便利です。

参考:プロミス借りても大丈夫?【実際に借りてみた私の感想】

ネットに接続できれば自宅や外出先から簡単に申し込めますし、現金が良ければ近くのコンビニへ行って、ATMから貸付金を現金で引き出すことができるでしょう。

受け取り方法を銀行口座への振り込みにすると、ネット上の手続きだけで貸付金を利用できるでしょう。

返済も同じようにできるので、お金が用意できればすぐに返済手続ができます。

無計画なプロミスのキャッシングは避けて賢く利用すれば、怪我や冠婚葬祭といった急な出費の際に重宝します。

殆どの人は、できるだけ金利の低いキャッシングを利用したいでしょう。

総合情報サイトなどで借りやすいキャッシングサービスを比較し、一番金利が低いサービスを選ぶと思います。

業者の中には最初のキャッシングであれば30日以内に返済すれば利子がつかないサービスも提供されているので、サービスをきちんと把握しておくようにしましょう。

普通、キャッシングを利用したい時は早急にお金が必要な時で、気持ちが焦っていることも多いでしょう。

ですが、目先の情報に飛びつくと結果的に損をしてしまう場合もあるため、業者選びには時間をかけてください。

当然ですが、プロミスのキャッシングの審査にあたっては社会的な信用度が重視されるので、安定した収入のある立場でなければいけません。

正社員として会社に勤めていれば問題ありませんし、安定収入の条件を満たせば、パートやアルバイトの方でも、お金を借りられます。

反対に、無職の状態では、契約できません。

主婦のケースは少し注意が必要です。

消費者金融プロミスの提供するキャッシングは利用できません。

ですから、銀行のサービスに申し込めば、配偶者の収入を元手にお金を借りられるでしょう。

短い期間で小口の融資を実行することをプロミスのキャッシングと呼ばれる事に対し、カードローンという物は長い期間の大口融資を意味するものといった様な呼び方の違いがあります。

ですので、いざ利用するときにはキャッシングの定められたルールとして翌月・一括払いでの返済方法ですが、カードローンですと、長期的な返済の方法、リボ払いとなります。

これにより、利用する際の金利はどうしてもカードローンの場合は高くなりがちです。

大抵の人は、ある程度の出費に対する準備はしていると思います。

それでも困った経験は学生でも社会人でも、あると思うんです。

先延べも立替えもできないときには、キャッシングのことを思い出してほしいです。

若手女性タレントを起用したCMで、計画的な利用を呼びかけており、駅前にある金融機関と同じような感覚で、気軽に利用できるようになりました。

誰にでも、お金が足りない経験はあります。

そんなときに、時間をかけずに入金対応してくれる、会社で、あなたに合ったところをチェックしておくと良いでしょう。

平成22年までにカードローンの利用経験がある人なら、いわゆる過払い金と言う、戻ってくるお金があるかもしれません。

過払い金が見つかれば、過払い金の返還手続きを済ませることで戻ってくることがあります。

ただ、債務整理の扱いと同じになるため、借入があるときは同時に一括返済をしなければブラックだとみなされてしまいます。

本来完済後に行うものなので過払い金の請求は必ず完済後に行いましょう。

金銭が準備できなくても、支払日を過ぎても支払わないまま、その状態を長引かせることはあってはいけないことです。

遅延があったことは記録されるだけでなく自分の信用にも大きく関わり、この状態をさらに放置してしまえば、世間でいうブラックだと判断されます。

ブラックだと判断されれば、その時借入れたお金の一括返金の要求に応えなくてはいけませんし、ローン契約が一切結べなくなります。

一番短い時間でキャッシングをしたい人は、運転免許証やパスポートを持って自動契約機で申し込みをすると簡便で、審査結果も短時間で出てくるので、急な出費に応じられます。

キャッシングも借金ですので信用状況の調査、勤務先への在籍確認による審査が必ず行われるので、期限までにきちんと返済すること、安定した収入を確保していくことで会社側が提示する借り入れ条件を満たさなければなりません。

数あるキャッシング会社の中には、土曜日や日曜日であっても当日中の融資を行っているところがあります。

しかし、平日以外だと消費者金融などの金融機関が開いていないので、その場で融資を受けるためには自分でプロミスの無人契約機のある場所まで行かなくてはいけないでしょう。

即日融資に土日でもしっかり対応できる業者を見つけること、営業時間内に無人契約機まで出向けるように早い時間に手続きを済ませるのが大切なことなのです。

もしも、この先も何度かキャッシングを利用する予定があるのならば、近くに借り入れを考えている消費者金融などの金融機関のATMの有無をチェックして、借り入れ先を選ぶのもおススメです。

考え方によっては、安易な借り入れを控えられるということで、借り入れのために遠回りしなければならないような、そんな場所にATMのある業者のサービスをあえて受けるのも間違いではありません。

ですが、それは同時に、返済する際にも遠くのATMまで出向かなければいけないという欠点でもあります。

ご自身の性格や環境を踏まえ、それぞれのメリットやリスクを知ってから業者を選ぶと、失敗も少ないでしょう。

プロミスのキャッシングの種類と特徴について、簡単に説明します。

キャッシングにはサービス母体が銀行のものと消費者金融が取り扱っているサービスに分けることができます。

銀行が提携している銀行系のサービスについては、法律によって定められた限度額の規制(年収の3分の1以下)がありません。

ですから、無収入の主婦であっても融資を受けることができるのです。

その一方、業者の多さとサービスの多様さでは消費者金融プロミスなどのノンバンク系が強いです。

また、無利息期間のあるサービスもあるので、ちょっと借りてすぐに返したいという人にはピッタリだと思います。

本人とは異なる名義でカードローンの契約を結ぶことは禁じられています。

本人が自己の名義で契約を結ぶことを要します。

このことは自分の収入がない主婦が夫の所得を元に契約を結ぶ場合も一緒で、その主婦本人が名義人となって契約を行わなくてはならないとされています。

本人が返済に責任を負うのは当然のことです。

仮に親兄弟や配偶者間の場合でも、名義人を本人とは別人の名前にして借入契約をすると法に違反することになります。

本人に対して許可を出していたとしたら、名義を貸した側も犯罪者となってしまいます。

キャッシングの持つ意味合いは、貸し付けをおこなう会社から大金ではなく、普段使いする程度の額の融資を借り受けるという状況で使われています。

金融関係の会社から借金をするのであれば、一般的にもし返済が出来なくなったら…ということを想定しての準備が要ります。

それなのに、キャッシングという手段をとるのであれば他人に保証してもらったり、自宅を借金のカタにするという難しいことは必須ではないので大変スムーズです。

間違いなく本人による申し込みだと証明できる確認書類だけで、大体の場合、それだけで現金の貸し付けをしてもらうことが出来るのです。

キャッシングとプロミスのカードローンは、違いがないものだと思う人がいますが、事実それには違いがあります。

一般的に一括払いなのがキャッシングで、カードローンの場合、一般的に分割払いであります。

お金が必要だといったときには、プロミスのキャッシングの方がよい選択かもしれません。

関連リンク

プロミス審査厳しい?甘い?審査落ちた人を分析【無職自営業OK?】
プロミス審査は厳しいと考えている方が多いのかもしれませんが、安定した収入があればアルバイトや派遣でも借りられますから、むしろ申し込み易いと考えてもいいかもしれません。
プロミスの借入と返済の仕方
プロミスの借り方と返し方は色々あります。プロミスで自分に合った利用方法が見つけられると思います。
操作が易しいプロミスの無人契約機
プロミスの無人契約機は誰でも簡単に利用出来ます。事前にウェブから仮審査の申し込みをしておくとさらにスムーズです。
プロミスの限度額が見直しされる
プロミスの限度額の増額について、借りて返すということを繰り返すうちに信用度が高くなり、限度額増額ということも可能になると思います。
プロミスの人気は対応の良さと早さ
プロミスの人気の理由は幾つもありますが、金利の低さ、審査の早さ、柔軟な対応をしてくれるということなどがあげられるようです。
プロミスの女性の為のカードローン
プロミスには女性の利用者向けに女性専用ダイヤルがあります。女性のオペレーターが、利用についての相談に答えてくれます。
プロミスは気軽にコンビニATMから
プロミスはキャッシングもコンビニATMが利用出来て便利。返済も銀行振り込み、口座引き落としなどの色々な方法が用意されています。
プロミスの自営業者ローンの審査
プロミスには自営業者カードローンという商品があります。最大で300万円までの融資をしてくれるカードローンです。
プロミスは派遣社員もOK
プロミスは派遣社員でもアルバイトや年金受給者でも、安定して収入があるなら借入の申し込みが可能です。