教育ローンの審査に落ちた人も多いといいます・・・

高校生の学費が安いとは限りません。

私立なら年間70万円以上もかかります。

学費が払えないということになったらどうなってしまうのか?最悪の場合、除籍や退学になってしまいます。

高校は教育機関ですから、すぐに除籍になることはなく一定の猶予期間が与えられますが3か月以上滞納してしまうと、除籍もしくは退学という道を選ばざるを得ないかもしれません。

学費の支払が滞ってるとなると解決方法には借金しかありませんが借りる先を誤ってしまうと大変なことになります。

国の教育ローンなら世帯年収が低い方でも安心して借りることができます。

カードローン型と呼ばれる教育ローンについてご紹介します。

通常のカードローンと同じように個人に与えられた限度額の範囲内なら自由に借り入れや返済を行なえるといったローンになります。

一般的に「教育ローン」 というのは、商品の特性上、教育だけの使用目的となります。

通常のカードローンとの違いは教育資金以外に使えないことです。

消費者金融やノンバンクに多い商品となりますが一部の銀行でもこのタイプを提供しているところはあります。

金額が明確な初年度は一括借入れ型でかかる学費がよみ辛い2年目以降でカードローン型が利用できるという金融機関もあります。

教育ローンの借入金額の受け取り方の1つに一括で振り込まれる一括借入れ型があります。

いわゆる住宅ローンのように一括で全額受け取るタイプの融資です。

銀行が提供している教育ローンの場合このタイプを採用している所が多いです。

一括借入れ型の特色としてはローンが契約成立したら、並行して返済金額が確定されるということです。

シミュレーションしやすいというメリットがありますが追加資金が必要になった場合は新たにローンを組まなければなりません。

金利が低い教育ローンと言えば教育一般貸付という国営のローンがあります。

年1.76%という低金利なので銀行や信販会社の教育ローンと比較するととてもお得なのが分かります。

一般的に銀行で3から5%、信販系は5から10%という金利が多いので国の教育ローンが存外に低金利なのがわかります。

利用条件として学費以外にも定期代やパソコン購入費など教育資金であれば使途の範囲はかなり広く認められています。

しかし、こちらのローンは低所得者でも学びたい気持ちをサポートするというものになりますので、対象となるのは大学や専門学校などを目指す中学校卒業以上の子供になります。

教育ローンという進学などのため費用を融資してくれるローンを提供している金融機関は銀行やノンバンクなど多数あります。

その中でダントツでおすすめなのは教育一般貸付という日本政策金融公庫が提供する国の教育ローンです。

最高融資額は350万円となり銀行などと比べると少なめですが、1.76%という低金利の上、固定金利なので安心です。

大学や高校だけでなく専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

使い道も入学金や授業料に限ったことでなく学校納付金はもちろんのこと、在学のため必要となる住居費用の支払も認められています。

教育ローンの金利は融資してくれる金融機関によってかなり差があります。

低金利なところだと1%台だったりするのですが、高金利ところだと10%近いものもあるのです。

銀行であれば口座を作ることで金利が低い優遇金利を受けられることもあります。

金利の計算方法は2つの方法があって固定金利と変動金利があります。

昨今は低金利の時代と言われていますので固定金利の方がリスクが少ないと言われています。

教育ローンの返済方法について紹介します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まります。

利息に関しては、借りた日の翌日から発生するのですが、在学中は利息のみの返済が認められているローンもあります。

教育ローンの返済期間についてですが長いローンでなんと、最長20年借入可というものがあります。

しかし、返済期間が長引けば長引くほど返済金額はどんどん大きくなりますので注意しなければいけません。

教育ローンと言っても要は借金ですから事前に返済シミュレーション行い、返済計画をきちんと立てることが重要です。

 

どこがいい?教育ローンの審査

アルバイトしながら進学を目指すという方でも収入さえあれば教育ローンを申し込むことは可能です。

但し、ローンが組める人の条件として20歳以上の成人になっていないと借してもらうことはできません。

ローンを契約するにあたり、安定した収入が必須となっている金融機関も多いので勤続年数が短いと審査に通り辛くなるかもしれません。

返済能力もローンを組む上で重要なポイントになりますので最低でも200万円以上の収入は欲しいところです。

いずれにせよ、学生自身が借主というのはあまりないことなので奨学金を申請した方が現実的だと思います。

教育ローンは即日借入れができるかといえば、国の教育ローンはできません。

民間でもできる所とできないところがあります。

教育ローンといえどもローン契約に変わりないので利用するには審査を通過する必要があります。

教育ローンの審査に通るかどうかとうのもとても心配だという声もききます。審査がゆるい、通りやすい教育ローンがあれば借りたいという人も多いそうです。

学費をどうやって準備すればいいのかと悩んでいるときに、ネットで調べていて教育ローンをおすすめ業者を紹介されているページをみたことがあるのですが、ランキングではネット銀行や大手消費者金融なども紹介されていました。

中でも、楽天銀行やジャパンネット銀行などは金利もさることながら限度額も大きく審査に関しても良さそうだなというイメージです。

参考:教育ローン審査に通りやすい?おすすめの銀行なら【最短審査OK】

また、教育ローン審査を受ける際に用意しなければいけないものがあり、本契約までには全部揃える必要があります。

ネットで申し込んだ場合借入申込書は必要ありませんが源泉徴収票や確定申告書などの収入を証明する書類は必須です。

そのほか、運転免許書やパスポートなどといった本人が確認できる書類や家賃や公共料金の支払いが確認できる領収書あるいは通帳のコピーが必要になります。

ですが、何より一番重要な書類は在学を証明できる書類であったり、合格が確認できる通知、入学許可書ということになります。

教育ローンが借りれないという人にはきっと何かしらの原因があるのではないかと思います。

まず、働いていることが貸付要件としてありますので無職や年金受給者は融資を受けることができません。

正社員でなくても融資を受けることはできますが安定継続した収入を得ているということをきちんと証明しなければいけません。

非正規雇用として契約している方は最低でも2年以上の勤続年数が必須と言えます。

年収も200万円以上なければ審査をクリアすることは難しいでしょう。